在宅ワーク可能な事務の求人をご紹介!副業・パート・アルバイトに【人材募集・採用】

働き方が多様化している今、在宅ワークの求人が増えています。子育てや介護をしながら働きたい方、本業とは別の収入源が欲しい方などにとって、在宅可というのはありがたいですよね。

そして、在宅で取り組みやすいのが事務の仕事。パソコンとネット環境があればできるフットワークの軽さが魅力です。

というわけで本記事では、在宅事務の仕事内容や未経験者の採用状況のほか、求人情報などを紹介していきます。

在宅事務とは?どんな仕事をする?

在宅事務とは、在宅で取り組む事務仕事のこと。

PCを使う作業がメインで、具体的には以下のような仕事があげられます。

・資料作成
・データ入力
・経費処理
・請求書や領収書作成
・リサーチ
・顧客対応
・翻訳
・Webサイト運用
・SNS運用
・スケジュール管理
・書類郵送
etc.

仕事の指示を受けるのも、成果物を納品するのも、すべてメールや社内チャットで行います。仕事相手と顔を合わせることが少ない分、報告・連絡・相談をこまめにすることが、スムーズな業務遂行において重要です。

在宅事務は未経験者でも採用される?

「事務をしたことがないけど大丈夫かな……」と心配な方もいらっしゃるのでは。実際のところ、採用されるのでしょうか。

結論からいうと、未経験者は圧倒的に不利です。

そもそも企業が在宅事務のスタッフを募集する目的は、

・人手がほしい
・コストを削減したい
・業務を効率化したい

などであるため、基本的に即戦力が求められます。未経験者を採用すると仕事をイチから教えなければならず、上記の目的を達成できません。

よって、未経験者は採用されにくいのです。……とはいえ、粘り強く探せば、未経験可で研修がしっかりした求人も見つかるはずです。

事務と一口に言っても業務内容は多岐にわたります。そのため、業務に適したスキルが一つでもあるなら採用される見込みはあるわけです。

例えば、

・Excel操作
・文字起こし
・HTMLやCSS
・翻訳
・ライティング
・WebサイトやSNSの運用
・画像や動画の編集
・電話対応
etc.

そこで、まずは自分のスキルや経験を棚卸ししてみましょう。「こんなの使えるかな」と思うものでも良いので、できることを書き出してみてください。

そして、それらを目ぼしい求人と照らし合わせ「いける!」と思ったら応募してみましょう。

在宅ワーク可能な事務の求人・採用情報:①オンラインアシスタント

ここからは、在宅ワーク可能な事務の求人・採用情報をご紹介していきます。

まずはオンラインアシスタントから。オンラインアシスタントとは、Web上でのやり取りを通じて、クライアントの業務をサポートするサービス形態のことです。完全在宅の求人が多く、スタッフへの支援も充実しています。

ではさっそく、求人をみていきましょう。

フジ子さん

画像:フジ子さん採用サイト

当ブログを運営するオンラインアシスタント「フジ子さん」では、在宅事務のスタッフを募集中です。クライアントのバックオフィス業務をサポートしていただきます。

お仕事開始前には研修やトレーニングがあるので、在宅ワークが初めての方でも安心です。またフジ子さんではチーム制を採用しており、例えばお子様の急な発熱などに際しても、スタッフ同士でフォローし合える環境が整っています。

経理・秘書・人事・Webサイト運用など、仕事の種類は幅広く、未経験者からの応募も歓迎です。

【フジ子さんにエントリーする】

CASTER BIZ

画像:CASTER BIZ採用サイト

2つ目は「CASTER BIZ」です。

採用率1%という難関が特徴で、スキル・経験ともに豊富なスタッフが多数在籍。「事務をやっていたけど、都合で退職した」といった方のセカンドキャリアにおすすめです。

CASTER BIZは経理や採用に特化したアシスタントサービスも展開しているので、専門知識のある方は、そちらへのエントリーも検討してみてください。

【CASTER BIZにエントリーする】

在宅ワーク可能な事務の求人・採用情報:②求人検索サービス

続いて、求人検索サービスを2つ紹介していきます。

Indeed

画像:Indeed公式サイト

世界No.1の求人検索エンジン「Indeed」については、CMや広告で目にしたことがあるのではないでしょうか。日本でも月間訪問者数が3,460万人を超えていて、求人数は2020年7月21日現在944,715件にのぼります。

検索キーワード入力欄に「在宅事務」、勤務地に「東京」というように入力すれば、該当の求人情報が絞り込まれるシンプルなシステムです。とにかく掲載数が多いので、とりあえず……ぐらいで使ってみてください。

【Indeed公式サイトはこちらから】

タウンワーク

画像:タウンワーク公式サイト

アルバイト・パート求人サイト「タウンワーク」も、CMなどで見たことのある方は多いはず。

求人数は569,685件と充実しており、在宅事務も多数ヒットします。Indeedとあわせて使ってみてください。

【タウンワーク公式サイトはこちらから】

在宅ワーク可能な事務の求人・採用情報:③クラウドソーシング

最後にクラウドソーシングのおすすめを2つ紹介します。

クラウドワークス

画像:クラウドワークス公式サイト

国内最大規模のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」。案件数は300万以上で、在宅事務の仕事も多数あります。

無料会員登録をすれば、すぐに案件に応募できます。即日取り組める単発の作業も豊富で、突然できたスキマ時間をやりくりするのにも便利です。

クラウドソーシングを利用するのであれば、まず登録しておきたいサービスといえます。

【クラウドワークス公式サイトはこちらから】

ランサーズ

画像:ランサーズ公式サイト

ランサーズ」はクラウドソーシングの老舗で、クラウドワークスと並ぶ大手サービスでもあります。

案件の種類や仕組みなどは、ほぼクラウドワークスと同じです。ただし、案件内容によっては数に偏りがある場合も。

ランサーズとクラウドワークスは2つとも登録し、こまめにチェックするのがおすすめです。

【ランサーズ公式サイトはこちらから】

まとめ

本記事では在宅事務の仕事について、業務内容や未経験者の採用状況、おすすめの求人情報などを紹介してきました。

手前味噌ではありますが、おすすめはオンラインアシスタントです。会社の細やかかなバックアップを受けながら仕事ができるのは、他の求人にはない魅力です。

ただ、ほかの媒体にも良い求人はたくさん掲載されているので、いろいろな情報にあたってみるのが良いでしょう。