テレワークの求人募集の探し方とは?在宅勤務の仕事内容やおすすめの求人を紹介!

コロナウイルスの影響で、現在はテレワークを実施している会社は多いですが、常時在宅勤務の募集をかけている求人は、あまりありません。

しかし、ベンチャーや外資系企業は柔軟な働き方を推奨しているため、テレワーク勤務の求人が多めに存在します。

この記事では、テレワークで働きたい人のお悩みを解消するため、以下の重要なポイントにそって解説していきます。

  • テレワークで募集している仕事内容
  • テレワークの求人募集の探し方
  • テレワークで募集している会社の選び方

本記事では、テレワークで働き始める前に知っておくべきことを書き出してみました。まずはご一読ください。

テレワークで募集している仕事内容は?


最近は在宅勤務可能という求人も増えてきています。

求人は基本的に正社員が多いですが、いきなりテレワークで実施するわけではありません。

なぜなら、会社と従業員の信頼関係が出来上がっていない状態での在宅ワークはリスクが高いからです。

例えば、オフィスで直接教えた方が早いこともあり、オフラインに比べ業務スピードが下がってしまうリスク。また、様々な要因でモチベーションが下がってしまうといった管理上のリスクが多数考えられます。

そのため、会社にとっても本人にとっても不安要素があるため、テレワークは入社からある程度期間が経ってから適用されます。

テレワークで募集している代表的な仕事内容を、以下に書き出してみました。

  • 事務職
  • プログラミング
  • デザイナー
  • Webライター

事務職

テレワークで募集されている仕事で、ポピュラーなのが事務職です。

基本的に個人でwordやExcelでの仕事が多いため、在宅勤務可能という条件で募集しているケースが多いです。

資料作成やデータ入力といった内容であってもPCとネット環境があれば仕事ができるのが良いところですね。

もし仮に不備や間違いがあった場合は、テレビ電話やメールで指摘が来るので、それら連絡がすぐにとれるような環境が望ましいですね。

プログラミング

テレワークで募集している仕事で、これもポピュラーなのがプログラミングです。

対面の必要性が薄く、長時間PCで作業することが多い仕事のため、テレワーク向きの業務ですね。

クライアントとのやり取りが必要なケースやチームで働く場合は、チャットツールやSkypeなどで指示を受ける形になります。

デザイン

デザインもテレワークでよく募集されている仕事ですね。こちらも、基本的にはPC上で完結する仕事が多いのが魅力です。

クライアントとの打ち合わせやデザインの修正指示などもテレビ電話やSkype、チャットツールで行うことが多くなります。

Webライター

Webライターもテレワーク向きの仕事ですね。

会社員でもフリーランスでもPCとネット環境があれば、どこでも仕事ができるので、いわゆるノマドな働き方がしやすいです。

オフィスか在宅か問わず、黙々と作業できる環境が作れるかが重要な業務ですね。

テレワークの求人募集の探し方


現在、コロナウイルスの影響でテレワークの需要は増しています。
しかし案外、良い求人は見つからないもの。
ここでは、テレワークで働ける求人の探し方を紹介します。

オンラインアシスタントサービスの求人を探してみる

テレワークの求人募集を探す際に最も簡単なのが、基本的にテレワークが前提となる、オンラインアシスタントサービスの求人を探すことではないでしょうか。

オンラインアシスタントサービス「フジ子さん」では、業務委託として勤務時間や曜日が選択でき、自由な時間に働くことが可能です。

また、チームとしてアシスタント業務を行うため、先輩アシスタントからOJTを受けることができるなど経験を徐々に積むことができます。

在宅ワーカー募集の求人サイトから応募する

もう一つ考えられるとすれば、在宅ワーカー募集の求人サイトから応募することです。

参考に、検索しやすい求人サイトを2つほどピックアップしておきます。
Reworker
PARAFT

テレワークで募集している会社の選び方


毎朝、満員電車で通勤している人にとって、自宅で仕事ができるテレワークは憧れかもしれません。

一方で、テレワークにこだわり過ぎず、自分が働きやすい環境を見極めることはとても大切です。

テレワークで募集している会社選びのポイントは、以下の通りです。

  • 適正を活かして働ける仕事か
  • 社風が自分にあっているか
  • ずっと求人を募集していないか

適正を活かして働ける仕事か

テレワークを重視するあまり、適性のない仕事に転職してしまうと元も子もありません。

例えば、営業職で結果を出していた人が、事務職のテレワークに転職したとします。クライアントの交渉など話術に長けている人は、黙々と作業をすることに退屈さを感じてしまう可能性があります。

社風が自分にあっているか

社風が自分にあっているかも重要です。

日経企業よりベンチャーや外資系企業の方がテレワーク勤務は多く、フレックスタイム制やリモートワークなど柔軟な働き方を推奨していることは多いですが、一方で成果主義や上下関係のフラットさが今まで日系企業で仕事をしていた人には合わないこともあります。

テレワークでも上司や同僚と関わる場面は多数あるので、面接や企業研究で自分に社風があっているかを確認しておいてみてください。

ずっと求人を募集していないか

テレワークか否かに関わらず、求人募集がどれくらいされているかは調べておいた方が良いでしょう。

なぜなら、ずっと求人を募集している会社は、新しい人材が入社しては辞めるを繰り返すブラック企業である可能性が高いからです。

例えば、半年以上も同じ職種の求人を募集していたり、離職率が高く、平均勤続年数が短い会社は注意した方が良いですね。

ベンチャー企業は比較的、離職率は高い傾向がありますが、入社する前に以下のサイトで会社の評判を調べておくことをおすすめします。
カイシャの評判
Open Work

在宅OK!おすすめのテレワーク募集ならフジ子さん


オンラインアシスタントのフジ子さんをおすすめする理由は、以下の通りです。

  • チームで連携して業務を行える
  • 得意分野を活かした業務で活躍できる
  • 在宅で場所や時間に縛られずに作業できる

フジ子さんは複数名のオンラインアシスタントチームで、クライアントの業務をサポートします。

経理やWeb、翻訳など幅広い業務があるので、自分の得意分野を活かせるでしょう。

最初は業務委託としてスタートし、OJTやチームのフォローを受け、経験を積むと、チームの全体管理を任されるなど高いスキルが身につきます。

在宅での勤務のため、午前中は家事、午後から仕事などメリハリのある生活を実現できます。

今後の自分のキャリアアップに繋がる自信を手に入れることが可能です。

まとめ

本記事では、テレワークで募集している仕事内容や求人募集の探し方を紹介していきました。

では、記事の内容をまとめます。

  • オンラインアシスタントに応募して、在宅秘書として働く
  • ベンチャーや外資系企業の方がテレワーク勤務が多い
  • 在宅秘書なら専門分野を活かして働くことができる

現在はコロナウイルスの影響により、一時テレワークに切り替えている企業も多くあります。コロナウイルス終息後も、在宅勤務という新しい働き方を推奨する企業は増えていくでしょう。

自宅で過ごす時間が増え、現在の仕事が落ち着いている今こそ、在宅ワーカーとして副業からでもスタートし、スキルを磨いておくのをおすすめします。

どんな在宅ワークを始めるか迷っている方は、まず今回紹介した「フジ子さん」にエントリーしてみてはいかがでしょうか。

エントリーはこちら